境域のアルスマグナ3 紅蓮の王と幽明境の君

[著者:絵戸太郎/イラスト:パルプピロシMF文庫J]★★

 途中まで、登場人物過多で見失いがちな上に話の
向かう先がよく見えなくて、何となく纏まらずに散
らかったような印象でした。でも、後半で“彼女”
が登場して以降、終章に至るまでぐっと引き締まっ
てくれて読み応えも充分で非常に面白かったです。
 正直な所、完結とは言っても道半ばで終わってし
まうんだろうと思ってましたが、予想以上に綺麗に
しっかり纏まっていました。登場人物が多い分だけ
もっとあれこれ見たかった欲求は残りましたが、こ
の終盤戦で怜生と“彼女”に纏わる伏線も、タイト
ルに含まれていた意味も全て回収してみせてくれた
ので、読後感が心地良いですね。シリーズとして巻
数少ないながらも最上の結末ではないでしょうか。

既刊感想: