あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!

[著者:内堀優一/イラスト:希望つばめ/HJ文庫]★★

 ラストのワンシーンで鳥肌が立ちました。ゾワゾ
ワっと。何故か頑なに事情を明かそうとしない小春
へのもどかしさ、これみよがしな日記の挿入、何か
あるだろうと感じさせつつの終盤の種明かしで、小
春の件に関しては納得出来るものではありました。
 しかし最後のアレには驚かされました。綺麗な形
で締めるものとばかり思っていた所にこの不意打ち
ですよ。真に病んでいたのは誰だったのか? 終盤
の種明かしまで全くそうだと感じさせる素振りは見
られなくて、それ故に得体の知れない感情を目の当
たりにしての鳥肌総立ちだったのかも知れません。
 もしこの雰囲気を背負って続いて行くのだとした
ら、気軽に気楽に眺める事は出来なさそうですね。