誰でもなれる!ラノベ主人公 ~オマエそれ大阪でも同じこと言えんの?~

[著者:真代屋秀晃/イラスト:karory/電撃文庫]★★★

 何故舞台が大阪なんだろうか? 果たして大阪に
する必要性はあっただろうか? 別に他の地域でも
構わなかったんじゃないだろうか? 最初はこんな
疑問符ばかり頭をぐるぐる回ってましたが、読み進
める内に自然としっくり来るようになりました。
 この殺伐かつ混沌とした賑やかしな空気は大阪の
地ならではだなと。まあ実際行った事はないのであ
くまでイメージですが。この辺の大阪への馴染みが
有る無しでも思い入れは違って来るかと思います。
 一つの大きな舞台で、様々な登場人物が様々な思
惑を抱えながら収束して行く群像劇の醍醐味を充分
に堪能出来る内容でした。まだまだ魅力の引き出し
は沢山ありそうなので、続きも見てみたいですね。