物理的に孤立している俺の高校生活3

[著者:森田季節/イラスト:Mika Pikazoガガガ文庫]★★

 人研の中での関係以外にも、果たして『友達』と
いう存在は、業平とえんじゅにとって必要なのかど
うか。眺めている限りでは、狭い場所での繋がりで
あろうと、そこで和気藹々出来ているなら、特に外
で意識して勝負に持ち込んでまで友達作りやらなく
てもいいんじゃないか。と、思ったわけですが、負
の特殊能力がとことん足枷となっている二人にとっ
ては、想像以上に切実な問題だったみたいです。
 文化祭に合わせての友達作り、業平もえんじゅも
思い悩む所は色々ありましたけど、それも込みで思
い出に残るような、青春を存分に満喫している感が
充分に出ていて良かったですよ。相変わらず能力に
振り回されつつも、意外に順調でホッとしました。

既刊感想: