魔術学園領域の拳王3 暴虐王覚醒

[著者:下等妙人/イラスト:瑠奈璃亜富士見ファンタジア文庫]★★

 自分が持ち合わせている全てを棄ててまで、何者
にも負けない“戦闘能力”をただただ欲する事に執
着すべきかどうか。柴闇にとって、佐々木青獅の存
在は彼の救いとなるものだったのかも知れません。
 例えば佐々木のように感情に付け入る隙が無く、
本当に力以外を棄て去れる存在が柴闇の相手だった
ならば、白鋼某とかいう少女のような超越者が相手
だったならば、少なくとも柴闇に良い意味での“気
付き”の機会は永遠に訪れなかったと思います。
 まあ、こうなると見越して道無が糸引いてたんで
しょうけど。ここに鈴里も柴闇育成の名目で一枚噛
んでるっぽいし、田中も曰くありげだし、清々しい
表舞台の裏側が相変わらず胡散臭いですね色々と。

既刊感想: