剣と魔法と裁判所2

[著者:蘇之一行/イラスト:ゆーげん/電撃文庫]★★★

 ファンタジー世界での、冒険者の無法を裁く為に
立ち向かう法廷バトル。やっぱり某逆○裁判とかの
要素が好きなのでどうしても贔屓が入ってしまうん
ですけど、現実世界には存在しない、この物語の舞
台ならではの案件ばかりで非常に面白いですね。
 勝利の可能性が0%でない限り特に困難な依頼を
好んで受ける、それで得られる金の為ならバレない
ように違法も無法も何でもやる。キールは世間にと
って“必要悪”とでも言えるんでしょうけど、アイ
リに対してだけは、物凄く分かり難いながらも微か
な“正義”を漂わせる辺りがまた良いんですよね。
 今回も巧みな弁護術は堪能出来たものの、内容は
短めだったので、今度は長編で続いて欲しいなあ。

既刊感想: