あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた

[著者:広ノ祥人/イラスト:うなさか/MF文庫J]★★★

 第13回MF文庫J新人賞『審査員特別賞』受賞作。

 「どうすりゃいいんだよー!」の愛斗の悲痛な心
の叫びが響き渡る。そして、限界突破で果てしなく
「面倒臭い」性質の氷室さん。混沌とした状況が極
まり過ぎて、何か読みながらどう表現すれば良いの
か分からない複雑な表情で笑うしかなかったです。
 こんなメインヒロインにはあんまりお目に掛かれ
ません。それだけ涼葉は強烈に印象に残るキャラで、
愛着よりもまず先に、「心底めんどくせえ」という
印象ばかりが際立つ描写は凄いなと思いました。
 本音が見えない限りは、雅の言い分の方が正論な
んだよなあ。ただ、こっちには愛斗と同様に真意が
見えてるから非常に困る訳で。何とか愛斗には真っ
当な涼葉の本音を表で聴かせてあげたいですよ。