やがて恋するヴィヴィ・レイン1

[著者:犬村小六/イラスト:岩崎美奈子ガガガ文庫]★★★

 最初の段階から、細部まで練り込まれて用意され
た世界観に魅了されました。まだほんの駆け出し程
度しか進んでないと思うのですが、既に圧倒されて
しまう程で。意気込みが物凄く伝わって来ました。
 一通り堪能して、まず人物紹介で、ルカやファニ
アの“後に○○と呼ばれて”の部分がどんな状況を
示しているのか? ここがとにかく非常に気になり
ましたね。惹かれ合って袂を分かって、いきなり激
動の波に放り込まれた感じでしたが、近付いたり離
れたりを幾多も繰り返して、きっとルカとファニア
の未来の位置が確定してゆく事になるのでしょう。
 「ヴィヴィ・レイン」については最後にヒントが
投げられたので、想像巡らせて次に進むとします。