りゅうおうのおしごと!5

[著者:白鳥士郎/イラスト:しらび/GA文庫]★★★

 シリーズの最初の頃、対局シーンは駒の打ち合い
の“動き”で表現されていた事が多くて、未経験者
にはとっつき難いと感じる部分は正直ありました。
 そこからの変化が明確に感じられたのは前巻から
で、作中でそうなっているかどうかは本当に個人的
な印象でしかないのですが……あまり盤上の駒の動
きには触れず、対局者同士の“感情表現”によって
対局の描写が組み立てられている、と感じました。
 どちらの描き方がより物語の内容と登場人物達に
没入出来たかと言うと……今回がシリーズ中で最高
潮でした! と言うような感想ですね。ただ、将棋
が達者な方からすれば「もっと奥深くまで踏み込ん
でもいいのよ」的な感想になるのかも知れません。

既刊感想: