三千世界の英雄王3 女帝と剣帝

[著者:壱日千次/イラスト:おりょうMF文庫J]★★

 途中から物凄くシリアスで重苦しい展開へと変貌
を遂げてくれた筈なのに、これまで蓄積された圧倒
的な変態成分がどうにも抜け切れなくて。結局“ク
ソ真面目”と“ド変態”、どちらにも振り切れない
中途半端さが残ってしまった感じでしたかねえ。
 予選を経て決勝大会まで描き切れるかどうか、要
は続くかどうかを気にしてはいましたが……。プル
の『アウローラ』の力や、関連して『黄金の晩會』
の刀夜との関わらせ方など、先があれば違う見せ方
も出来ていたのかなあと。“何でも一つだけ願いが
叶う”特典も駆け足のせいか何だか軽い扱いに見え
てしまったし、血鶴の役割や扱いなんかもちょっと
微妙でしたし。その辺はまあ仕方ないですね。

既刊感想: