白翼のポラリス

[著者:阿部藍樹/イラスト:やすも/講談社ラノベ文庫]★★

白翼のポラリス (講談社ラノベ文庫)

白翼のポラリス (講談社ラノベ文庫)

 第6回講談社ラノベ文庫新人賞『佳作』受賞作。

 国家規模の『船』が創造されていたり、航空機に
『永久機関』が搭載されていたり、割とあっさり理
解の及ばない人知を超えたモノが投入されていると
言うのに、海上自走技術が存在していなかった事に
なっているのは、何となく深い意味がありそうな気
もしました。シエルが驚愕していた程なので、多分
一般世間でも知らない存在しないのが常識なのでは
ないでしょうかね。まあ設定として物語での重要度
は現時点で詳しく計れませんが、シエルとあの人が
絡んでいるので、そう軽いものではないでしょう。
 さてここから次の一手はどうなるか? おそらく
最果てのボレアスを目指す方向へ進むのでは、と思
いました。最も知りたい部分でもありますから。