魔女と魔城のサバトマリナ

[著者:雨木シュウスケ/イラスト:POKImari/講談社ラノベ文庫]★

 よく分かりませんでした。テンポの良さを優先し
て肉付けすべき部分を削ぎ落としたのが裏目に出た
ような、そんな感じでした。最低限の設定描写でさ
えちょっと足りなさ過ぎなんじゃないでしょうか。
 いきなり何がなんだか理解の及ばない状況に放り
込まれた遼平と、ある程度同調しながら物語に入り
込み読み進められた部分はあったんです。ただ、延
々と周囲に流されるがまま曖昧でい続けるのは如何
なものかと。かと思えば一気に種明かしされて、詳
細を聞く間も与えられないまま最後まで流されしま
った印象で。総じてよく分からないとなりました。
 遼平が綾音を護りたい思いは分かりましたが、そ
れは残念ながらあまり伝わって来ませんでした。