剣と魔法と裁判所

[著者:蘇之一行/イラスト:ゆーげん/電撃文庫]★★★

剣と魔法と裁判所 (電撃文庫)

剣と魔法と裁判所 (電撃文庫)

 ひとつの職業として見た場合。『冒険者』って括
りは、ファンタジーな世界であっても案外何やって
るのか明確に定まってない存在なのかなあと。一口
に冒険者と言っても、何の仕事かと考えると割と曖
昧で大雑把な部分もある為、何か抑止力が無いと下
手したら無法者の集団みたくなってしまう恐れもあ
りそうですよね。そこに『法律』と言う歯止めを用
いているのはなかなか面白い試みだと思いました。
 法廷バトルとか大好物なもんで、おそらく贔屓目
が多分に入っているのは自覚していますが、とても
楽しかったです。法廷そのものより、善悪や正誤は
一面だけでは全て見通せず、人によって見え方も異
なる――この辺の奥深い描写が印象に残りました。