読者(ぼく)と主人公(かのじょ)と二人のこれから

[著者:岬鷺宮/イラスト:Hiten/電撃文庫]★★

読者と主人公と二人のこれから (電撃文庫)

読者と主人公と二人のこれから (電撃文庫)

 本来、いち読者と架空の主人公が出逢う確率など
ほぼ零に等しく、あり得ない事が起こってしまった
ら真っ先に自分の目と頭を疑いますよね。「俺、正
気か?」と。なので、これは奇跡以外のなにもので
もなく、出逢うべくして出逢う運命だったと、晃と
時子の関係はそれ以外に表現し様がありません。
 晃の途中の違和感はとても分かり易く、それは読
んでいて彼に半端なく感情移入出来ていた証なのか
なあと。まあそこに気付いてあっさり断絶した時だ
け「おいおい」ってなっちゃいましたが。彼の過去
や性格を思うと致し方ない所でしょうか。真の気付
きから先は、最後まで晃の自力で行って欲しい気持
ちが強かったですけど。友達の存在は偉大ですね。