トリア・ルーセントが人間になるまで

[著者:三田千恵/イラスト:ペイント娘/ファミ通文庫]★★

トリア・ルーセントが人間になるまで (ファミ通文庫)

トリア・ルーセントが人間になるまで (ファミ通文庫)

 トリア自身が『薬』という“モノ扱い”されてい
るように感じられずに済んだのは、ランスが彼女を
一人の人間として大切に扱っていたから。感情の希
薄さに随分戸惑っていたし、途中でトリアの身体が
紛れもなく薬だと認識して唖然となっていたけれど
も、それでも最初に出逢った段階からランスは人間
としてトリアを見続けていたように思えました。
 まさにタイトル通り、トリア・ルーセントが人間
になるまでの物語。ランスがトリアを変えようして、
トリアがランスの為に変わろうとする、その過程は
素晴らしいものでした。ただ、サルバドール民がこ
のまま野放しにしておくとも思えないんですが……
綺麗に纏まりましたがその辺どうなるでしょうね。