フェンリルの鎖I

[著者:うかれ猫/イラスト:わざきた/HJ文庫]★★

フェンリルの鎖 I (HJ文庫)

フェンリルの鎖 I (HJ文庫)

 第10回HJ文庫大賞『銀賞』受賞作。

 カッピとエフの二人で“神々の遺産を巡る”所ま
では、まだ到達していませんでした。この結末まで
辿り着いてようやくその準備が整った感じです。
 なので本題はここからなんですよね。遺産探しの
冒険を楽しみにしていて、その辺りちょっと予想と
違ってましてけど、それでもエムール王国内乱騒動
を軸にした物語は丁寧に描かれていたと思います。
 カッピは金金言ってる割にあんまり意地汚くは見
えませんでした。金への執着心の塊なのにエフが関
わっていたせいで霞んでいたのか、それとも本質は
執着し切れない甘さがあるのか。エフに対しては、
意識しつつも性格からか淡白な対応ばかりだったの
で、もうちょっと素直になって欲しいですよね。