スーパーカブ

[著者:トネ・コーケン/イラスト:博/角川スニーカー文庫]★★★

スーパーカブ (角川スニーカー文庫)

スーパーカブ (角川スニーカー文庫)

 スーパーカブに馴染みがあるもんで、とにかく読
んでいてめちゃくちゃ響きました。主人公の小熊が
カブに触れて何か起こす度に「うんうん」「分かる
分かる」の連続でしたから堪らなかったですねえ。
 走行や構造や整備に関して、初心者の小熊が少し
ずつ慣れて行って徐々に成長してゆく過程は、自分
の経験をなぞっている様な感覚でした。ひとつひと
つ挙げたらきりが無いので控えますが、手にして乗
り出して今までと違う視野が広がり知らなかった新
しい世界が開ける。この部分は特に印象的でした。
 小熊の修学旅行合流や礼子の富士登山は「無茶す
るなあ」って眺めていましたが、臆せずに躊躇わず
に行動に移せるのはとても羨ましく思いました。