終わる世界の片隅で、また君に恋をする

[著者:五十嵐雄策/イラスト:ぶーた/電撃文庫]★★

 これだけ世間に認知されている症状ならば、抑止
や完治を目指しての対策やら研究やらが色々進めら
れていそうなものですが……。一介の学生には到底
関わりを持てる領域じゃないのかも知れませんね。
 『忘却症』は解明されていない未知なる部分が多
い為、何となく掴み所の無いふわっとしたイメージ
を抱き、その辺りからふと「この世の中に特効や対
抗策ってあるのかな?」と意識が向いた次第です。
 この物語は、そんなものより忘却に抗う“想いの
力”が強く描かれているので、あんまりそこを突い
ても興醒めするだけなので、程々にしておく事しま
した。ただそれでも、忘却せずにいられる方法があ
るならば……と思わずにはいられませんでしたね。