妹さえいればいい。5

[著者:平坂読/イラスト:カントク/ガガガ文庫]★★★

 ライトノベル出版編集部メインのお話。真偽の程
は分かりませんが。今回、主に「これ実話っぽいな
あ」と思った箇所で、割とクスッとニヤリとさせら
れていました。具体的には執筆の堕天使こと鎌●和
●先生の件とか、発送不手際の時に京に「よく知ら
ないどうでもいい作家」と言わせた平坂読先生の件
とか、思わず吹き出してしまったじゃないですか。
 あと春斗が海津を尊敬している理由を語っている
件は、実際の平坂読先生が実際の誰かを意識して描
いたんじゃないかなと。妙に思い入れの強さが込め
られてるように感じられましたが……どなたなんで
しょうね? いや、勿論こちらが勝手に想像してニ
ヤついてるだけで、そうだとは限りませんけどね。

既刊感想: