アサシンズプライド6 暗殺教師と夜界航路

[著者:天城ケイ/イラスト:ニノモトニノ富士見ファンタジア文庫]★★

 ひとつの長編エピソードとして、シリーズ史上最
高に密度の濃い内容で楽しませて貰えました。ただ、
連続したシリーズ作品の物語の中途と考えると、こ
れってどういった位置付けでどんな意味があったの
かな? と少々疑問に思う部分も正直ありました。
 例えばアルメディアにフランドールに未曾有の危
機が迫ってると言われても、具体的には「どんな危
機?」と問わなければ見失ってしまう位、その事実
がぼやけてしまっていたかなと。ランカンスロープ
の脅威と人類との境界線がどうこうの話だったと思
いますが、今回のエピソードを辿ってもあまりピン
と来ませんでした。とは言え隠し事はまだ色々あり
そうですし、答えを焦らずに追って行きたいです。

既刊感想: