平浦ファミリズム

[著者:遍柳一/イラスト:さかもと侑/ガガガ文庫]★★★

平浦ファミリズム (ガガガ文庫)

平浦ファミリズム (ガガガ文庫)

 第11回小学館ライトノベル大賞『ガガガ大賞』受賞作。

 「赤の他人に頼らず生き続けたい?」と「誰にも
頼らず生きて行ける?」の、似て非なる問い掛けを
両方同時に一慶を通して喰らわされたような、そん
な気分でした。どんな返事であっても前者は即答、
後者はつい躊躇ってしまう、きっとそこには理想と
か現実とか横たわっているからなのでしょうかね。
 一慶個人の問題と、あとは平浦家について。これ
だけ個々に決して軽くない問題を抱え続けていて、
よく家庭内不和やら家庭崩壊やら起きなかったもの
だなと。いや本当に。まあ一慶からすれば、「一方
的な価値観を勝手に持ち込むな」となりそうですけ
ど。そこに居なくても多大な影響力で今も尚繋ぎ続
けていてくれる。とても素敵な事だと思いました。