二周目の僕は君と恋をする

[著者:瑞智士記/イラスト:和遥キナファミ通文庫]★★

 茉莉が原因不明のまま消失した事に対して、崇希
と同調して「何故?」を追っている時間が一番楽し
めていたのかも知れません。何でしょうね、この終
わりを迎えた筈なのに、どうにもスッキリさせて貰
えないもやもやした感覚が残る微妙さってのは。
 崇希に備わっていると思われたものが、実は茉莉
の方にこそ備わっていて、彼女が行使するのに引き
摺られるように崇希にもそれが出来るようになった
って事なんでしょうか? あえて曖昧な表現で仕上
げているように感じられましたが、崇希の“思いの
強さ”で実現したものだと捉えるべきなのでしょう
かね。ただ、過去を変えても未来には向かってくれ
なかったので、結局そこが不満だったのかなあ。