図書迷宮

[著者:十字静/イラスト:しらび/MF文庫J]★★

図書迷宮 (MF文庫J)

図書迷宮 (MF文庫J)

 何となくの感覚で雰囲気に浸りつつ、物語の一番
伝えたかったモノを掴み取る事が出来ていれば、そ
れでいいのかなと。読みながら充分に理解出来てい
たのか、正直心許ないもので。最後の最後、“とて
もありふれた”“ただそれだけのおはなし”だけで
も、何とか汲み取れたつもりではいるんですけど。
 改竄に次ぐ改竄、伏線に次ぐ伏線、特に終盤戦は
それが幾重にも張り巡らされていたので、大元の真
実が何だったのか途中で見失ったりしましたが。
 もっとも、綜嗣が真相まで引っ張って行ってくれ
る確信はあったので(そうじゃないと道半ばでバッ
ドエンドでしょうから)、あとはもう行き着く先に
何があるか考え巡らせつつ身を委ねるだけでした。