俺と彼女の恋を超能力が邪魔している。2

[著者:助供珠樹/イラスト:いつい/ガガガ文庫]★★

俺と彼女の恋を超能力が邪魔している。 2 (ガガガ文庫)

俺と彼女の恋を超能力が邪魔している。 2 (ガガガ文庫)

 厳重な隔離監視を掲げている割には、数寄柳学園
って随分警備体制甘くないですか? 脱走成功した
小春の方が一枚上手なのか、それともあえて脱走さ
せているのも学園の思惑通りなのかどうか。超能力
の情報漏洩を阻止する為に綾が関係者に記憶操作を
仕掛けた筈なのに、男子側にどんどん漏れちゃって
たり(大治郎と達也なんか見逃されてましたし)。
 まあ要するにそれが悪影響となって大治郎と小春
の関係が断絶しやしないだろうかと、そんな不安が
あったわけです。「小春が好きだ」の想いだけで果
たして今回の一件を乗り切れるのかと思ってました
けど、何とか熱意の程は相手側に伝わってくれて、
最後この結末に繋がってくれたので良かったです。

既刊感想: