やがて恋するヴィヴィ・レイン5

[著者:犬村小六/イラスト:岩崎美奈子ガガガ文庫]★★★

 あまりにルカの侵攻が順調過ぎて逆に怖い位だっ
たし、ジェミニの姦計が読み手側からは丸見えだっ
たし、こうなる予感は充分に抱かされますよね。
 しかしそれにしても、上がりっ放しの高揚と、容
赦なく突き落とされる絶望と、更にその先で何が何
だか理解が及ばない茫然自失と、まあとにかく今回
は色んな感情があっちこっちに揺れまくりで精神的
にくるものがあって疲れました。これが心地良いだ
けなら読後感もスッキリ出来そうなものですけど、
ルカにとってはそうでない方の現実が重くて、読ん
でいる途中で絶望感に潰されるかと思いました。
 一応重要事が一つ種明かしされましたが、この影
響でより混迷を極める展開になりそうな感じです。

既刊感想: