底辺剣士は神獣と暮らす4 家族で考える神獣たちの未来

[著者:番棚葵/イラスト:米白粕/MF文庫J]★★

 試練達成で晴れて正式に父娘となり、娘達のアー
ドへの甘えっぷりとアードの娘達の溺愛ぶりが前巻
までと比べて大増量。足枷無いんだからもう好きに
やってよ、って具合で終始ニヤニヤしてました。
 当初の目的は既に遂げているので、この先どうな
るのかなと見守っていましたが、今回で一区切りと
言う事で。後日談的なエピソードを交えつつ、三人
娘が将来の事を考える内容に仕上がっていました。
 もうとにかくフェニ、ユニ、ナーの娘達が可愛く
て可愛くて仕方が無い。父娘関係になって遠慮が取
っ払われたからか、アードへの甘え方が益々強くな
っていたり。これが見られなくなるのは寂しいけれ
ど、未来の可能性も垣間見れたので満足でした。

既刊感想: