俺もおまえもちょろすぎないか

[著者:保住圭/イラスト:すいみゃ/MF文庫J]★★

俺もおまえもちょろすぎないか (MF文庫J)

俺もおまえもちょろすぎないか (MF文庫J)

 甘酸っぱいの“酸っぱい”を極力抜いて、その分
“甘い”を限界まで濃くしたような、そんな口当た
りでした。何処からどう見ても付き合い始めの初々
しい恋人同士なのに、互いに好きかと言えば「それ
は分からない」とか、ちょっと何言ってんのと返し
たくもなりました。ともあれ胸焼け要注意です。
 “ちょろい”と聞いて、他人が当事者を冗談交じ
りに弄ったり小馬鹿にするような、そんな印象を抱
いたりします。功成みたく、本人が「俺はちょろい
ぞ」と自覚してるのあんまり見たこと無くて妙な感
じでしたねえ。つぶらの方はちょろいと対極に居そ
うな雰囲気でしたけど、相手の勢いに押されて飲み
込まれてしまう辺り、潜在的な素質はあるのかも。