29とJK4 ~夢のあとさき~

[著者:裕時悠示/イラスト:Yan-YamGA文庫]★★★

 何故こんな現実社会の理不尽なリストラの苦行を
物語を読みながら味わわされているんだろう……と
言う軋みを上げながらの心の悲鳴と、フィクション
で対岸の火事的で他人事のような心情で眺めていら
れる気楽さと、両方が激しく混ざり合って気持ちが
揺さ振られまくってもうえらい事になってました。
 あまりにリストラ絡みの描写がリアルで槍羽の立
場で眺めているとキリキリと胃に痛みが……いやい
やそれはただの錯覚だから。とか、こんな具合に終
始落ち着きの無いまま読み進めていたわけですよ。
 最後のこれは意表を突く形で急に降って湧いたよ
うな話で、そもそも誤解なので反論の余地はあるか
と思いますが、どうなるかは予想も付かないです。

既刊感想: