月とうさぎのフォークロア。 St.3 天てらす月、其は夜にかがやくしろうさぎ。

[著者:徒埜けんしん/イラスト:魔太郎/GA文庫]★★

 柏木さん、どうにか報われて欲しいぞ。と常々思
ってはいるのですが、不遇な上に出番も少なくて朔
にアピールする機会も他の近しい娘達より絶望的な
までに与えられず、もうどうすりゃいいのよって感
じですよね。物語の立ち位置の曖昧さも不利な状況
に拍車を掛けているようで、柏木さん一人だけ文字
通り“住む世界が違う”から仕方ないのかなあ。
 物語の本筋の方は、朔が気に掛けていた優月と天
月一家を巡るいざこざにケリを付ける内容で、一応
これで一段落と言った具合です。エピローグで柏木
さんが同じ舞台に乗れた感じなので、他の娘達が強
過ぎるのは心配ですが、女同士の仁義無き(朔を巡
る)抗争でも起こしてくれないものでしょうか。

既刊感想: