異世界修学旅行7

[著者:岡本タクヤ/イラスト:しらび/ガガガ文庫]★★★

異世界修学旅行 7 (ガガガ文庫)

異世界修学旅行 7 (ガガガ文庫)

 元の世界への帰還が迫っている筈なのに、これま
でとノリが全然変わらんなー、って呟きながら「ホ
ントに帰還まで話が到達するのか」と気にしつつ眺
めていました。まあ結局の所、浩介やプリシラを始
め誰しもその予感予兆を肌で感じつつも、気持ちの
何処かでこのままずっと続いて欲しい、そう言った
願望が普段通りの雰囲気に表れていたのかなと。
 終盤は畳み掛けるような怒涛の“サヨナラ異世界”
イベントで、完璧な現実世界への帰還&異世界の人
達とのお別れがそこにありました。多人数だけど一
人一人把握出来る程になっていたのも凄い事で、こ
れまでの積み重ねがあったからこそプリシラとの振
り返りが尊く愛おしく感じられたのだと思います。

既刊感想: