ジャナ研の憂鬱な事件簿3

[著者:酒井田寛太郎/イラスト:白身魚ガガガ文庫]★★★

ジャナ研の憂鬱な事件簿 3 (ガガガ文庫)

ジャナ研の憂鬱な事件簿 3 (ガガガ文庫)

 痒い所に手が届きそうであと一歩届かない“もや
もやした”状況から、何とか頭を絞って手を届かせ
る方法を探し出し、最後には痒さが解消されてスッ
キリとした読後感を味わわせてくれる。2話目みた
く事件性で忌避したくなる場面もあるにはあるので
すが、その辺りの苦味は些細な事で、ちょっとした
謎解き要素も含めて3編とも実に面白かったです。
 今回は、啓介が「これまでと違う」と幾人かに指
摘されていましたが、実際にどうかと言えば、多少
は積極性が増した……のかな? ただ、変われてな
ければ、ユリの窮地に衆目に晒されるの承知で壇上
に立ったりはしなかったかも。真冬との微妙な距離
感の関係で、もっと変わるようになるのかどうか。

既刊感想: