キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦3

[著者:細音啓/イラスト:猫鍋蒼/富士見ファンタジア文庫]★★

 イスカの立場から見て、なんか敵である皇庁より
も味方の筈の帝国の方が胡散臭く見える現状。皇庁
監獄の大罪人は逃げ隠れせず真っ向から自己主張を
ぶつけていたのに対して、帝国の使徒聖は秘密を抱
えてこそこそ暗躍、みたいな構図があったせいでし
ょうか。イスカにとって身内の上層の人間が味方に
なりそうもない辺りは、ちょっとした不安材料なの
かも知れません。怪しい動きをしている、璃洒やネ
ームレスの意図もまだよく分からないですけどね。
 そして今回、最後にようやく待ちわびていた展開
がやって来ました。最初の頃はアリスかと思ってた
ら違うみたいだし、じゃあ一体誰なんだろう……の
疑問が遂に解けて更なる混乱に発展しそうな予感。

既刊感想: