始まりの魔法使い3 文字の時代

[著者:石之宮カント/イラスト:ファルまろ/富士見ファンタジア文庫]★★

始まりの魔法使い3 文字の時代 (ファンタジア文庫)

始まりの魔法使い3 文字の時代 (ファンタジア文庫)

 長命と、膨大な時の流れと言うものが、巻を重ね
るに連れてじわりじわりと身を抉るように効いて来
るこの感触。まだ『私』と周囲の足並みが揃ってい
た最初の頃は、“取り残される”感覚がそれ程でも
無かったような気もするのですが、年代が進んで行
くに連れて加速度的に先立たれる辛さが増している
と思わされました。勿論、どの年代でも傍に長命種
は在るのですが、この世界での常識が容易く覆され
る所を、今回彼女を通じて目の当たりにしてしまっ
たので、今後誰がどうなるか分からないですよね。
 しかし残されていた痕跡とアイの転生の件は結局
有耶無耶で、リンの扱いについてもこれからどうな
るのか。気になる事が残ってしまった感じでした。

既刊感想: