誰が為にケモノは生きたいといった

[著者:榊一郎/イラスト:ニリツ/富士見ファンタジア文庫]★★

 そもそも発端である上官殺しの罪自体が、イオリ
を『棄界』へ強制的に送り込む為に仕組まれた冤罪
のような。真相は定かではありませんが、何故イオ
リに逃げ道を塞ぐような命令が課せられたのか、そ
の辺りはいずれ明らかになって行くのでしょうね。
 何せまだ棄界に落とされたばかりだし、イオリ自
身がその事についてあえて触れようとしない素振り
を見せてますから。今の所は上の世界と交信手段も
なさそうで、物語の中でイオリと彼をけしかけた人
物が再び交わりを見せるのはまだまだ先の事になり
そうですけど。とりあえず未だ謎の多いタビタの存
在や、イオリの他に送り込まれた存在の痕跡など、
気になる所に注目しつつ続きを追ってみたいです。