ロード・オブ・リライト2 ―最強スキル《魔眼》で始める反英雄譚―

[著者:十本スイ/イラスト:柴乃櫂人富士見ファンタジア文庫]★★

 憎き帝国のクズ野郎をぶちのめす展開。帝国側か
らすれば、取るに足らない小物とは言え、圧政を敷
いて好き放題やっているのを目の当たりにしてから
の討伐劇は、やっぱりスカッとさせてくれます。
 ただ、ティトの父親であるブリットの扱いについ
ては、こうなって欲しくなかったのが正直な気持ち
です。これこそアクスの『魔眼』どうにかしてくれ
よと思いましたが、反則染みた能力も決して万能で
はない、という事なのでしょうね。魔眼については
発動条件や使用限界やリスクなど、まだ曖昧な見せ
方なので、今後更に詳細を描いて見せて欲しい所。
 あと、黒の紙片の言語についてはまさかの事実で
した。これがどう関わって来るのでしょうかね。

既刊感想: