キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦4

[著者:細音啓/イラスト:猫鍋蒼/富士見ファンタジア文庫]★★

 ネビュリス皇庁側の王位継承権争い。伏線ガンガ
ン貼りまくっていて、「それどういう事?」が後々
「そんな事あったっけ?」に変化しないか不安にな
る程度の引っ張りぶり。シスベルだけが気付いてい
る内部の“悪意”、サリンジャーが天帝から受けた
レポートを見ての発言、最後の女王とイリーティア
の会話。どれもこれも思わせぶりで、あまり先延ば
しし過ぎると重要なやり取りすら薄れてしまいそう
なので、あまり間を置かず明かして欲しい所です。
 シスベルが一人抱え込み過ぎで、イスカは己の信
念の為に彼女の嘆願を受け入れない、と言う何とも
スッキリしない雰囲気が漂っていたので、前述の種
明かしも含めて事態の進展と好転を願っています。

既刊感想: