精霊幻想記 4.悠久の君

[著者:北山結莉/イラスト:Riv/HJ文庫]★★

精霊幻想記 4.悠久の君 (HJ文庫)

精霊幻想記 4.悠久の君 (HJ文庫)

 この運命の再会が喜ばしい事なのかどうかと言
えば、実際には微妙な所で、嬉しいようで素直に
喜べないような、何とも複雑な心境でした。リオ
=ハルトは美春の存在を認知していても、彼女が
現実世界の春人を“まだ忘れていない事”は知ら
ない。一方で、美春の方はそもそもハルト=春人
だと言う事実を知らない。それを読んでいる側は
全部知っちゃってるので、「どちらにも真相を全
て教えてあげたい!」って気持ちでしたかねえ。
 美春、亜紀、雅人の転移は偶発的ではなく、人
為的なものが感じられましたが、この辺はまだ全
然分からないですね。あと坂田弘明も。誰ですか
状態でしたが……どう絡んで来るのでしょうね。

既刊感想: