現実主義勇者の王国再建記V

[著者:どぜう丸/イラスト:冬ゆき/オーバーラップ文庫]★★

現実主義勇者の王国再建記V (オーバーラップ文庫)

現実主義勇者の王国再建記V (オーバーラップ文庫)

 新生フリードニア王国の各方面の開拓やら増強
やら、先を見据えて手広く安定した仕切りを見せ
てくれているソーマ国王。魔王領の未だハッキリ
見えない影響力を感じながら、更に隣国に対する
抑止力となる案を練りながら、少しずつ確実に国
力を蓄えている真っ只中と言った印象でした。
 戦争による危機感や焦燥感は無いので、ソーマ
の発案によって順調に自国が育ってゆくのを見る
のは楽しいもので。実戦投入の機会はありません
が、度肝を抜かれた飛竜のブーストと空母の存在
は、いずれお披露目する日も来るのでしょうね。
 危ぶまれていたルナリア聖教介入問題も何とか
片付き、心置きなく次の外遊に臨めそうです。

既刊感想:IIIIIIV