灰と幻想のグリムガル level.11 あの時それぞれの道で夢を見た

[著者:十文字青/イラスト:白井鋭利/オーバーラップ文庫]★★

 メリイの生死の行方の話より、ソロプレイ状態
なランタがメインの回でした。現実世界の頃の話
が出て来たのは、何か意味あるのかどうかはちょ
っと分かりませんでしたが、こうフッと何の前触
れもなく挿入されると色々勘繰りたくなってしま
います。多分異世界のランタの記憶には残ってい
ないんでしょうけど、単純に彼のキャラの掘り下
げと捉えるべきか、それとも例えば現実世界に戻
れる可能性を示しているのか、或いは戻れないか
ら走馬灯のように過ったのか。結局深みにハマっ
てしまうので軽く流しておいた方が良いのかな。
 メリイの件も、まあとりあえず良かったと思っ
ておかないと。もやっとしてしまいそうなので。

既刊感想:10