ラグナロク:Re 1.月下に吼える獣

[著者:安井健太郎/イラスト:巖本英利/オーバーラップ文庫]★★

ラグナロク:Re 1.月下に吼える獣 (オーバーラップ文庫)

ラグナロク:Re 1.月下に吼える獣 (オーバーラップ文庫)

 口より先に手が出る人種。むしろ“手しか出さ
ない”と言った方が正確か。口は出してもそれは
ただの添え物で、気に食わない相手に何か言われ
て言葉を返した所で、直後に問答無用で手が出る
んだから始末に負えない。ただ、そんな本能剥き
出しで歯止めが利かない所こそ、リロイ・シュヴ
ァルツァーと言う男の魅力なんだろうなあと。
 語り手のラグナロク視点からすれば、何時如何
なる時もリロイのせいで苦労が絶えない、でも彼
の起こす数々の問題行動に苦言を呈しつつも、そ
の視線は好意的なもののように感じられました。
 まだ序盤で最後も中途で終わり、リロイやラグ
ナロクの事は徐々に語られて行く事でしょう。