最果てのパラディンII 獣の森の射手

[著者:柳野かなた/イラスト:輪くすさが/オーバーラップ文庫]★★

最果てのパラディンII 獣の森の射手 (オーバーラップ文庫)

最果てのパラディンII 獣の森の射手 (オーバーラップ文庫)

 ウィルにとって初めての外の世界。家族の温か
い眼差しに見守られながら、平穏と安らぎに満ち
溢れた雰囲気の中に在るのも居心地が良かったけ
れども。未知の世界を知り、自分と家族以外の他
人との出逢いと触れ合いなどを経て、見識を広げ
ながら充実感や達成感を得る日常もまた良いもの
だ。そんな風に感じさせてくれる内容でした。
 あとは、こうしてウィルが家族と別れ自分の意
思で自由に立ち回るようになって、改めて彼の規
格外の強さを見せ付けられましたね。友人となっ
たメネルが言った様に、実力を見誤り侮り過ぎて
いた、と。今後は『獣の森』と『白帆の都』を拠
点に、その力が振るわれる事になるのでしょうか。

既刊感想: