最果てのパラディンIII<下> 鉄錆の山の王

[著者:柳野かなた/イラスト:輪くすさが/オーバーラップ文庫]★★★

最果てのパラディンIII〈下〉 鉄錆の山の王 (オーバーラップ文庫)

最果てのパラディンIII〈下〉 鉄錆の山の王 (オーバーラップ文庫)

 言葉の通じない災厄ならば、まだやり易かった
のかも知れない。もっともどんな状況であれ、挑
んだら敗北と死の予告は免れず、力量や存在感な
どで圧倒的な差は最初からあったわけですが。
 それにしても災厄の邪竜ヴァラキアカ、滅ぼす
べき敵対者ながら実に魅力溢れる“絶対悪”とし
て描かれていました。会話による駆け引きから始
まり、小手調べの衝突を繰り返し、やがて本領発
揮で圧倒してからの止めの一撃、そして最後にウ
ィルへ刻んだ決して拭い去る事の出来ない己の存
在まで、その戦い振りに魅了されっ放しでした。
 その望んでいなかった力に対して、ウィルが今
後どう付き合って行くのか、興味深い所ですね。

既刊感想:IIIII<上>