最果てのパラディンIV 灯火の港の群像

[著者:柳野かなた/イラスト:輪くすさが/オーバーラップ文庫]★★★

最果てのパラディンIV 灯火の港の群像 (オーバーラップ文庫)

最果てのパラディンIV 灯火の港の群像 (オーバーラップ文庫)

 邪竜ヴァラキアカとの死闘、その事後処理に当
たる中編エピソード集。これまでウィルに追随し
ながら、幾度となく彼の助力となっていた、レイ
ストフ、アンナ、ビィ、トニオ。主に彼ら彼女ら
が今回の物語で大いに見せ場があり、これまでは
進むだけで精一杯だった為、語られる機会の無か
った一面が、難事を越えて腰を落ち着けた事でよ
うやく垣間見れたような、そんな内容でした。
 あとはウィルも自身で自覚している、“周囲に
女っ気が無い事”と“色恋沙汰に無縁”な件につ
いて。単に巡り合わせが無いだけかと思ってまし
たが……まあね、これじゃあ世の女性達は太刀打
ち出来ませんわ。いずれ壮絶な姉妹のウィル争奪
戦でも見られるんでしょうかね。楽しみですね。

既刊感想:IIIII<上>III<下>