英雄覇道の狐巫女2

[著者:岩山駆/イラスト:葉山えいし/オーバーラップ文庫]★★

英雄覇道の狐巫女 2 (オーバーラップ文庫)

英雄覇道の狐巫女 2 (オーバーラップ文庫)

 アルフの父・ゼムナスとの偶発的な再会。アル
フの中で捨てられた印象が強過ぎて脅威が勝手に
増していたか、それともゼムナス自身が元々それ
程の実力者では無く、鈴狐に鍛えられたアルフが
あっさり超えてしまった為か。散々アルフが憎悪
の念を抱いていた相手の割に、意外と難儀せず報
復を果たせてましたよね。もしも再会した時はこ
うなるだろう、と予感していた節がゼムナスに見
られたような気もしましたが。アルフが長い事背
負っていた重荷が消えてくれて良かったなと。
 一方で、今回襲撃して来た夜兎に関しては、ち
ょっと把握し切れてない感じです。次に顔を合わ
せた時に、更なる情報も得られるのでしょうか。

既刊感想: