この世界で9番目ぐらいな俺、異世界人の監視役に駆り出されました2

[著者:東雲立風/イラスト:あれっくす/角川スニーカー文庫]★★

 前巻最後に滑り込みでクレスにプロポーズかま
してくれたクラリスがメインの回。あとクレスに
絡む災厄『VI』ことマキナの登場回。当初からク
レスの監視対象とされていた異世界勇者達は、殆
ど端役扱いになってしまいました。なんか勇者と
して召喚された割には扱いがぞんざいでちょっと
悲しんですけど、クレスの目がマイ達の方に向け
ばまた違った扱いになるんでしょうか。何とか埋
もれさせずに活躍の場を与えて欲しい所です。
 あと度々クレスの監視内に介入して来る『正体
不明』については、影はあるが形がハッキリしな
いと言った印象。クラリスを狙った理由も、昔の
転移者の思惑も結局よく分かりませんでしたね。

既刊感想: