ミリオン・クラウン2

[著者:竜ノ湖太郎/イラスト:焦茶/角川スニーカー文庫]★★

ミリオン・クラウン2 (角川スニーカー文庫)

ミリオン・クラウン2 (角川スニーカー文庫)

 東京から関西方面へ。中華の横槍や幻獣種、天
悠種の襲撃、そして王冠種の暗躍。政治的な駆け
引きやら徹底抗戦やら繰り広げていましたが、特
に感じたのはあらゆる場面で日本国が劣勢に立た
されている、と言う事でしょうかね。中華がどん
な本心を抱き接触を図っているか、人と同等以上
の知能を持つ王冠種が何故人間達の命を脅かすの
か、ごく一部の人達以外には到底手の届かない事
柄なので、把握出来ずに対処しなければならない
所が劣勢の雰囲気に繋がってしまうのかなあ。
 一真は知る事の出来る者の中心に居ながら、手
にした情報を持て余しているような印象で。その
武器をどう有利に振るって行くかが見物ですね。

既刊感想: