ソードアート・オンライン18 アリシゼーション・ラスティング

[著者:川原礫/イラスト:abec/電撃文庫]★★★

 精神不在だったキリトさん、終局直前でようや
くお目覚め。想う人達の想いを一つに束ねて彼の
心の奥底へ……の部分は、これまでの長い長い積
み重ねが物凄く効いていて、アスナ達が直面した
瞬間はなかなかに感慨深いものがありました。
 その後は割と順調に。ガブリエル一派は遺恨を
残す事なく完全退場してくれて、最終局面の『ラ
ース』のフォローもこれまでの汚名返上に足るも
のだったので、気持ちよく見ていられました。
 最後に壮大なエピローグ。200年の時間、茅
場晶彦の影、残された複製体、特に印象的だった
のはこの辺り。今後様々な方向に話を広げる事も
出来そうなので、新章を楽しみに待ちたいです。

既刊感想:『ソードアート・オンライン』感想一覧