やがて恋するヴィヴィ・レイン7

[著者:犬村小六/イラスト:岩崎美奈子ガガガ文庫]★★★

 好きな子ほど苛めたくなる感情。捻じれ曲がった
ジェミニらしい。失意のどん底から一転、ファニア
にルカの生存を知らされた途端に息を吹き返す。そ
してルカの事が好きで好きで大好きで溜まらないア
ピール。可愛いやつだと思わされてしまいました。
 最終巻。主に散々虫けらのように見下され続けて
来たエデンとの最終決戦、と言う流れでした。常に
互いに強く思い合っていたルカとファニアは、なん
か最後は二人らしい道を辿る結末だったなあって。
 そして、シルフィとの約束を果たす為だけに全力
で駆け抜けたルカ。タイトルに込められた意味を最
後の最後で感じ取れた事。ヴィヴィとここへ辿り着
けた事。報われた気持ちで心が満たされました。

既刊感想: