君死にたもう流星群

[著者:松山剛/イラスト:珈琲貴族MF文庫J]★★

君死にたもう流星群 (MF文庫J)

君死にたもう流星群 (MF文庫J)

 現在の荒み切った大地から放たれる退廃した空気
や臭いが、目を背けたくなる位にあまりにきつくて
辛くて。たとえ副作用の危険が伴う上に帰れる保証
のない片道切符だとしても、思い切った決意で無事
に過去跳躍を遂げた瞬間、「腐った状況から抜け出
せた!」と、ホッと胸を撫で下ろしていました。
 とは言え、星乃を救う為に未来の事情を大地一人
で抱えて立ち向かうには、どう手を出せばいいか戸
惑う程に途方もない事。“無数の人工衛星の同時落
下を回避する”所まで辿り着かなければならないわ
けで。もしかしたら他の回避方法があるのかも知れ
ませんが、少なくとも原因究明しなければならず、
想像を絶する険しい道が待ち受けていそうです。