西野 ~学内カースト最下位にして異能世界最強の少年~ 2

[著者:ぶんころり/イラスト:またのんき▼MF文庫J]★★

 現実社会で生きていると言うのに、ひとりだけ異
次元か異世界の時間を生きているかのような、相変
わらず周囲とのズレが異常な西野。しかし今回、最
後の最後、何時ものようにクラスからハブられ飲ん
だくれていた時の素顔を見た瞬間、ようやく僅かに
彼の気持ちと同調出来たような気がしました。まあ
ちょっとした苦い気持ちも、翌日には何事も無かっ
たかのように西野の日常を過ごしてそうですけど。
 前巻中途で終わった学園祭本番と後始末編。西野
の裏の顔が全く出なかった分だけ、クラスからの扱
いはともかく彼なりの青春気分は満喫していたよう
にも見えました。努力が報われていないのに全く気
付けず満足している所は、ある意味幸せなのかも。

既刊感想: